2005年12月17日

「こっそり」作戦 第2弾(またまたつづき)

いやいや〜、忙しくてブログの記事が途中になってましてね。

さて、またまたつづきです。

口座開設を三貴商事【INV@ST】さんにお願いしようと決心したゆうこですが…
『日付指定は可能でも時間指定は不可能』なのは、ちょっと心配ですふらふら
ゆうことしては時間も指定したいるんるん

そこでゆうこは郵便局へ電話電話しました。
すると郵便局員さんが言うには、事前に「お問い合わせ番号」を教えれば、指定の日時にとどけてくれるとのことわーい(嬉しい顔)黒ハート

なのでまたまた三貴商事【INV@ST】さんに問い合わせしました。
ゆうこ:『配達記録郵便で資料を送付いただく場合に、郵便物にある11桁の「お問い合わせ番号」を到着指定日より前にメール等で教えていただけますか?』
三貴商事【INV@ST】さん:『配達記録郵便の「お問い合わせ番号」を到着指定日前にメール等でご連絡することは可能です。
※ただし、ご連絡先はご登録いただいているお電話番号またはE-mailアドレスに限ります。
資料到着希望日付をご連絡いただければ、郵送の手続きが完了しだい「お問い合わせ番号」をご連絡いたします。』

う〜んるんるん これだから話のわかる会社は大好き揺れるハート

さてさていろいろありましたが、これで下準備はばっちりです手(チョキ)

最大の問題は…

『いつ決行するか』

ですあせあせ(飛び散る汗)
posted by 田中 祐子 at 12:26| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わざわざ、私のブログにもお越し下さりありがとうございます。何とか生き残ってます。(笑)

局留めについてですが、2つの方法があります。

1つは、ゆうこさんがコメントして下さった通りでして、これは、受取人が局に申込みする方法です。例えば、旅行で家族全員が1週間留守する場合などに、期間を定めて、全ての郵便物を郵便局で留めていただく場合です。

もう1つは、ご紹介したサイトに書いてある方法で、差出人の方で、郵便物の宛先に、「○○郵便局局留め」と書いていただく方法です。この場合、局留めと書いた横に受取人の住所と氏名を書いて貰えば良いそうです。又、受取人は局に対して特別な申込みをする必要もありません。
但し、郵便物が局に届いた事の連絡を局から貰う事は出来ませんので、頃合いを見計らって、身分証明書を持参して窓口へ行かなければなりません。又先に紹介したサイトには、トラブルを避けるために、事前に局の窓口に申し出て置いた方が良いと書かれてますね。

一応、念のために友人の局長さんに聞いてみたのですが、滅多にそういう利用方法はないので…と前置きした上で、「宛先に局留めと書いてあれば最長1週間は留めておく。その後は差出人に送り返す。」とのことでした。

あ、三貴さんの方で、「配達記録郵便」で出して下さるなら、その方法も有りですね。しかし、随分サービスいいなぁ〜>三貴商事
Posted by ヒロ「起業家の独り言」 at 2005年12月17日 17:55
ヒロさんこんばんは。
コメントありがとうございます。
そしてゆうこのピンチの時にいつも的確なアドバイスをしていただき、ゆうこは大変心強いです。(ヒロさんはゆうこの足長おじさんですね(^^))
それと、三貴商事さんは随分サービスいいですよね。担当者の方もとてもいい人でしたよ。


Posted by ゆうこです at 2005年12月17日 23:49
「ゆうこのこっそり日記」サイト管理者田中祐子様
はじめまして、と申します。田中様のサイトを拝見いたしました。
とても有益な情報満載なので、ぜひ貴方様のサイトと相互リンクをお願いしたいと思いました。私どもサイトから、すでにリンクを貼らせていただきました。主婦をターゲットにしたサイトです。
▼ FX(外国為替証拠金取引)と海外ファンドでラクラク資産運用する会
▼ FX(外国為替証拠金取引)用語辞典FX Love
http://www.fxlove.biz/
▼ 国内ファンド/海外ファンド用語辞典Fun Fun Fund
http://www.funfunfund.biz/
よろしくお願いいたします。
====================================================
■ 有限会社日本リバース
伊藤鉄太郎  
FXと海外ファンドでラクラク資産運用する会
http://www.otasuke3.com
Posted by (有)日本リバース伊藤 at 2005年12月22日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。